【集客アップ】飲食店外観 問題点改善10選で〖売り上げアップ〗

掃除 ブログ

売り上げを増やしたいが、なかなか思うように集客ができずに売り上げが伸びない。

 

アルバイトさんの接客指導にも力を入れている。料理も美味しい。

 

広告費もかけている。

 

どうしたら良いのか、分からない。

集客アップ!飲食店の外観から 問題点を改善10選で売り上げを伸ばそう。

お店の外に出てお客様の気持ちになって減点ポイントを探してみよう。

 

売り上げが思うように上がらない一番の原因は集客力がないことです。

 

店内の接客、料理がお客様に評価して頂けるレベルにあっても、ご来店がなければ評価して頂けません。

 

外観も大切にしましょう。

 

人間関係でも見た目の印象は大事です。特に第一印象で相手の興味をひける程の美貌なら

 

プラスのイメージを与えて、自然とその人の周りに人が集まるものです。

 

それと同じように、お店の見た目が悪ければ、マイナスのイメージしか沸きません。

横目で見ながら通り過ぎるだけです。

入店前に外観で選ばれない

 

あなたが外食するときに、外観から受けるマイナスのイメージが多い店に入るでしょうか?

 

壁の塗装が剥げて、どことなく汚い印象を受けてしまう外観。

 

看板も見えにくく、何を食べさせてくれるのか解らない。

 

もし、あなたのお店がそうだとしたら、お客様にはご来店頂けません。お客様の印象を良く

 

するためには、外観を大切にしましょう。

 

お客様の気持ちになって外観をチェックして、問題点を具体的に書き出してみます。

 

店前や通路、階段の痛み

 

外壁の色あせた塗装

 

窓に貼られた日焼けしたメニュー

 

雨水が入口に落ちる

 

色あせ、汚れた看板

 

花壇のゴミ

 

店前に転がったゴミ、缶

 

切れてしまった証明

 

ゴミ置き場の害虫

 

通りに面したガラスの汚れ

 

間違った内容のポップ

 

自分のお店も同じような外観の問題点がないかチェックしてみましょう。

お客様の気持ちになってチェックした外観の問題点の改善

 

店前や通路、階段の痛み

 

通路のタイルは破損していませんか?

タイルの破損は歩きにくく、足元が悪いと歩きずらいイメージを与えてしまします。

 

また、水たまりもできやすく、お客様にとっては入りやすいお店とは言えません。

 

自分で修理できなければ、業者に依頼しましょう。

外壁の色あせた塗装

 

外壁が汚れていたり、はがれてみすぼらしくなっていませんか?

 

接客や料理の良い評判を聞きつけてお客様が来店されても、見た目のマイナスイメージか

 

らお店を間違えたと思って帰ってしまうケースもあります。

 

店の外観が汚くても美味しい料理が食べれる店もあるだろうと前向きに来店していただ

 

ければラッキーですが、上手くいかないことが多いです。

 

自分で修理できない場合は、業者に依頼しましょう。

窓に貼られた日焼けしたメニュー

 

良く見かけませんか?

 

日焼けしたメニューは見えにくいばかりか、汚いイメージを与ええてしまいます。

 

新しいメニューに貼りかえることで、マイナスイメージを与えることなく正確にメ

 

ニューの情報をお客様に伝えることができます。

 

見やすいメニューは、何を食べようか迷ているお客様には良い手助けになります。

 

また、メニュー内容が伝われば記憶に残れば、次の機会の来店につながります。

 

直ぐに、新しいメニューに貼りかえましょう。

 

雨水が入口に落ちる

 

自分のお店でも経験があります。雨どいが破損して入口の上からの大量の雨水はお客様にとって厄介なもので

す。

自分で修理できない場合は、業者に依頼しましょう。

色あせ、汚れた看板

 

看板の汚れもマイナスイメージにつながります。開店前準備で掃除してきれいな状態を維

 

持しましょう。

 

看板の中に蛍光灯などが入っている場合も、切れかけて点滅していないか午後の営業前に

 

確認。必要に応じて交換しましょう。

 

看板が高所にある場合は必要に応じて業者に依頼しましょう。

 

花壇のゴミ

 

花壇や植え込みなど雑草や落ち葉が多いことも、見た目の美しさにマイナスイメージを与えます。

 

落ち葉だけではなくゴミや空き缶などが捨てられている場合もあります。

 

花壇や植え込みの手入れを開店前に行い美化に注意しましょう。

店前に転がったゴミ、缶

 

店前に転がったコンビニの袋やゴミ、空き缶もよく見かけます。

けっして、気持ちの良いものではありません。

開店前に店前だけではなく、少なくとも両隣の歩道や道路の清掃もしましょう。

見て見ぬふりなど論外です。

ゴミ置き場の害虫

 

ゴミ置き場を汚くしていると、ハエ、ゴキブリ、ネズミなどが集まり、繁殖します。

 

衛生管理の面でも常に清潔に保つことが必要です。

 

ハエ、ゴキブリ、ネズミなどを店前で見かければ、お客様に不快感を与えます。

 

共同で使用しているゴミ置き場でも率先して清掃しましょう。

 

通りに面したガラスの汚れ

 

ガラスが汚れて店内が見えないお店もお客様の来店機会を逃しってしまいます。

 

「お客様を第一」に考えて接客しているお店は入れば分かります。

 

それは店の外からでもわかるものです。

 

真剣なお店とそうでないお店は従業員の働きぶりからでも伝わります。

 

店内のお客様にとっても曇りのないきれいなガラスは気持ちの良いものです。

開店前にガラスのよごれをチェック、清掃しましょう。

間違った内容のポップ

 

期間限定メニューや売り切れの商品をのせたポップもマイナスにつながります。

 

注文の際に食べたい料理がないことを知っても帰りにくいものです。結果的にお客様の期

 

待を裏切る形になります。

 

常に正しい情報を伝えるポップの確認をしましょう。

お店の外に出てお客様の気持ちになって減点ポイントを改善しましょう。

 

お店選びは、スマホでも評価を調べることができますが、実際に行ってみると評価と印象が違っていることはあります。

特に飲食店の外観は重要です。

 

第一印象でマイナスイメージを与えてしまえば、来店してから不安な気持ちで食事を始めなくてはなりません。

お店としては、お客様の期待を裏切らないように、常に外観を良い状態に保つ客観的な視点が必要です。

 

実際に外に出て、この店を選ぶだろうか、考えてみましょう。

 

気が付く点が多くあると思います。

些細なことでも軽視しないで問題解決のためにできることから始めましょう。

継続するためのコツ

集客アップ!飲食店の外観から 問題点を改善10選で売り上げを伸ばそうと題して解説しました。

外観の問題点改善で集客力アップするためには継続することが必要です。

 

しかしながら、継続して実践することは難しのが現実です。

 

継続のコツは2つあります。

 

1.ルーチン化

 

必要な仕事は開店前、営業中、閉店後と大きく3つに分けてルーチンワークをまとめて習慣化しましょう

 

やらない理由や、やりたくない気持ちを許してしまっては目的は果たすことはできません。

 

まずは、ルーチンワークになれて、徐々に正確な仕事を目指しましょう。

 

やらないと気持ち悪くて気になって仕方ないと感じるようになれば仕事が身についたと言えます。

 

2.お客様第一

 

「お客様第一」は飲食店を営業する上で最も大事な考え方です。

 

店の都合、従業員の都合、会社の都合で営業を続けることは良い結果につながりません。

 

お客様の要望に応えられたときにはじめてその対価として代金を頂けます。

 

売り上げを意識しすぎて接客すれば、お客様をないがしろにする結果になります。

 

それでは、お客様に満足して頂くことはできません。

 

お客様の満足度が上がり、再来店の機会が増えればクチコミで評判が伝わるチャンスも増

 

えて結果として売り上げが増加します。

 

お金、お金ではお客様との信頼関係は築かれません。

 

 

長文に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

 

お客様から信頼されて、飲食業に関わる全ての人の生活や地位の向上に役立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました