【飲食店】挨拶の基本 接客8大用語 〖アルバイトさん向け〗

接客 ブログ

正しい言葉遣いや挨拶は飲食店に限らず、人と人が気持ちよくコミュニケーションをとるために大変役立つものです。

今回は「飲食店挨拶の基本 接客8大用語 アルバイトさん向け」と題して、飲食店での挨拶の基本である、接客における最も大切な8つの用語をアルバイトさん向けに説明をします。

問題提起:お客さまに失礼のない言葉使いとは?

飲食店のクレームの一つに「接客態度」のご指摘があります。

中でも「言葉使い」は一番気を付けなくてはいけません。

「言葉使い」が悪い。つまり、友達と話しているかのような言葉使いは、お客様に不快感を与えてしまうからです。

問題解決:接客8大用語で適切な言葉使い

不快感を与えがちな言葉遣いを防ぐために、接客における正しい言葉使いをまとめたものが「接客8大用語」
です。

飲食店では開店前に「接客8大用語」を唱和(読み上げる)するお店が多いです。

「接客8大用語」とは接客する際に用いる正しい言葉遣いや挨拶のうちで、最も大切な8つの言葉を選んだものです。

「接客8大用語」も用いて、失礼のない言葉使いでお客様の満足度を上げましょう。

解決の根拠:挨拶の意味と必要性

挨拶とは、

尊敬や親愛を気持ちを表す動作、言葉、文面などを意味します。

 

つまり、挨拶は尊敬や親愛の気持ちを表す人のふるまいのことなんです。

 

お客様に尊敬や親愛の気持ちを込めて行動し、話しかけることで満足して頂きます。

時には、感謝の言葉を頂くこともあります。

そして、信頼関係が出来上がります。

お互い知らない者同士が一つの場所でコミュニケーションをとるためには必要不可欠です。

その必要不可欠な挨拶をまとめたものが「接客8大用語」です

解決の具体例:接客8大用語とは?

八大用語の紹介を紹介しましょう。

「いらっしゃいませ」

お客様のご来店時に、初めにかける言葉です。

歓迎の意思を伝えるために、はっきりと元気な声、笑顔でお客様の目を見ながら言いましょう。

「かしこまりました」

お客様の要望を承諾したことを伝える言葉です。

「少々、お待ちください」

お客様から呼び止められたが対応できない場合。

接客中にその場から離れる場合。

使う言葉です。

「少々お待ちいただけますか?」とお客様の承諾を頂く場合にも使います。

「お待たせいたしました」

お待ち頂いたお客様に笑顔で使う言葉です。

ただし、謝罪の場合にも使う言葉です。笑顔ではなく謝罪の気持ちを込めて伝えましょう。

「失礼いたします」

お客様の食事や会話に割り込むときに使う言葉です。

自然な笑顔と、丁寧なお辞儀が必要です。

「恐れ入ります」

お客様の好意に対して「感謝」を伝える場合と「恐縮」
していることを伝える言葉です。

「感謝」の時は、明るく笑顔とはっきりと声を心掛けましょう。

「恐縮」の時は、真面目な顔で静かな口調を心掛けましょう。

「申し訳ございません」

接客中にお客様に迷惑をかけた場合に使う言葉です。
謝罪の気持ちが伝わるようにはっきりと静かな口調で、丁寧なお辞儀をしましょう。

「ありがとうございました」

感謝を伝える言葉です。お客様に気持ちが伝わるように元気な笑顔が必要です。

厨房とのコミュニケーションにも使いましょう。

厨房からお料理が出た時にも使いましょう。

アルバイトさん同士のコミュニケーションにも使いましぃう。

まとめ

今回は「飲食店挨拶の基本 接客8大用語 アルバイトさん向け」と題して、飲食店での挨拶の基本である、接客における最も大切な8つの用語をアルバイトさん向けに説明をしました。

意識して「接客8大用語」を何度も繰り返して使って自然に使えるようになりましょう。

接客8大用語は、飲食店での接客に必要なことばですが、日常生活でも役立つ言葉使いです。

是非、身につけましょう。

飲食店の接客に関心のある方はこちらも参考にしてください。

飲食店のアルバイトさんが出くわすクレームと基本対応方法

解決! 飲食店 での 接客 の 基礎 とは?店長さん向け

コメント

タイトルとURLをコピーしました