【飲食店】実践! オーダーミスを減らすアドバイス〖アルバイトさん向け〗

お客様声掛け ブログ

オーダーミスをなくすには?

 

忙しいときに起こりやすいのがオーダー(注文)ミスです。

 

飲食店には曜日や時間によって混雑する時間帯があります。

 

そんな時、お客様は待ってはくれません。

 

あっちこっちからお客様の「すいません。」の声。

 

「待たせてはいけない」という気持ちが焦りにつながります。

 

結果、自分の能力を超えた仕事をして、失敗をしてしまいます。

 

本記事では是非、実践して欲しい

 

飲食店でのオーダーミスの減らし方をアルバイトさん向けにまとめました。

オーダーミスはお客様のクレームの一つです。

他のクレームを知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

飲食店のアルバイトさんが出くわすクレームと基本対応方法

接客マニュアルを活用しましょう。

 

接客マニュアルはゲームの攻略本だと考えるとわかりやすいです。

 

お客様に喜んで頂くために何をしたら良いのか?

 

こんな場面では、「こうしたら良いよ」がわかる便利なものです。

 

まずは、マニュアルを読んで繰り返し実践しましょう。

 

マニュアルは正しい仕事の仕方の基準を与えてくれます。

 

オーダーミスを無くすにはマニュアルに従って、1つ1つの仕事を正確にすることです。

 

1つ1つの仕事を正確にすることで、余計な仕事を増やさずにすみます。

 

不正確でいい加減な仕事は、問題を引き起こし、対応に追われ、余計な仕事が増えます。

 

マニュアルに従って正しい仕事をしましょう。

 

マニュアルを理解し、実践を繰り返すことで、自分の仕事に自信が持てます。

マニュアルを繰り返し読んで理解しましょう。

 

マニュアルが理解出来たら実践です。

 

この辺は、ゲームと同じです。

 

攻略法を読むのはもちろんですが、攻略するためには実践してスキルを身につけないとゲームクリアできません。

 

ゲームスキルが上がれば、ゲームが楽しくなり自信が付きます。

 

接客マニュアルに従って実践を繰り返してスキルアップすれば接客も楽しくなります。

 

自信も付き、アルバイトさん同士で協力して攻略法を考える場面も増えて、仕事の充実感も増します。

 

マニュアルを理解し、実践を繰り返すことで、自信を持って仕事ができるようになります。

 

マニュアルの内容はお店によって異なる点もありますので、新しいお店で働くときは必ず目を通しておきましょう。

飲食店で働くアルバイトさんがオーダーミスを減らすためにはマニュアルを活用しましょう。

マニュアルを理解し、実践を繰り返すことで、自分の仕事に自信が持てます。

 

しかし、不十分な理解と実践では不安ですよね。

 

不安な気持ちでは、視野も狭くなり冷静に仕事ができません。

 

自信をもって仕事をするにはどうしたらよいか?

 

マニュアルを使って接客の基本を理解、実践することが一番楽です

 

実践して解らないことは、店長、仲間のアルバイトさんに聞きましょう。

 

飲食店で働くアルバイトさんはオーダーミスを減しために、マニュアルを活用しましょう。

更に、飲食店での接客についての記事はこちらも参考にしてください。

解決! 飲食店 での 接客 の 基礎 とは?店長さん向け

ステップアップ

 

マニュアルに従って接客の仕方を覚えたアルバイトさんにアドバイス。

 

仕事に優先順位をつけましょう。

 

今必要な仕事は何かを判断してお客さま対応することで、お客様から呼ばれることが減ります。

 

お客様から呼ばれるのことを先読みして、積極的に行動しましょう。

 

間違った優先順位で接客を続ければ、お客様対応に追われます。

 

自分で仕事を増やして忙しくしているだけですね。

 

オーダーミスは仕事の優先順位をつけることで、さらに減らすことができます。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

私のお店では、「お客さま第一」をお店の共通の意識として働いています。

 

失敗は誰でもするものです。

 

お客様に満足して頂くためにすべきことは、失敗したアルバイトさんを責めることでも、

 

本人が萎縮することでもありません。

 

お客様に満足して頂くためにはスタッフがひとつにまとまって接客に努めることです。

 

落ち込んでいる暇はありません。

 

店長とその他のアルバイトさんと協力してお客様の期待に応えましょう。

 

お客様がお帰りの時に、

 

「ありがとう、また来るね。」

 

の言葉が頂けると本当にうれしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました