【解決!】 飲食店 での 接客 の 基礎 とは?〖店長さん向け〗

ウエイトレス ブログ

飲食店での接客の基礎とは?

 

いきなり、この質問をされたとき皆さんはどう答えるでしょうか?

 

正解は、いくらでもあります。

 

問題解決の糸口は「どこに重点を置くか?」を明確にすることです。

 

本記事は、飲食店での接客の基礎のついてまとめてみました

 

飲食店での接客の基礎が理解できます

 

飲食店での接客の基礎とは何だろうか?

 

「どこに重点を置くか?」をもう少しわかりやすく説明しましょう。

 

例えば、誰から見た接客?と考えてみましょう。

 

・お客様から見た良い接客(満足のいく接客)

 

・従業員から見た良い接客(都合の良い楽な接客)

 

・店長から見た良い接客(お客様が満足し、従業員が働きやすく、意欲のわく接客)

 

・会社(オーナー)から見た良い接客(売り上げ重視の接客)

 

が挙げられます。

 

それぞれの立場から見た接客がありますが、ここでいう重点とは「誰が」、「誰に」、「何を」と考えると明確に理解できます。

 

私の正解は、

「誰が」=「店長が」

「誰に」=「お客様」と「従業員に」

「何を」=「満足を」

となります。

 

「どこに重点を置くか?」が明確になりました。

 

したがって、飲食店での接客の基礎とは

 

「店長が」、「お客様」に満足して頂くために、「従業員」と協力してお客様と向き合い

 

 

サービス(気遣い)を提供すること。

 

となります。

 

「飲食店での接客の基礎」について具体的に説明します。

 

さらに、具体的に「飲食店での接客の基礎」について説明しましょう。

 

「店長が」、「従業員に」接客の実践の場で不安な気持ちや対処に困らないように、成長に合わせて教育を行い、接客の喜びを実感できる環境を整えることが不可欠であると考えます。

 

解りやすく言い換えるなら、

 

飲食店での接客の基礎とは、

 

お客様が満足して、食事やサービスに対して代金を支払い、また来たいと思うコミュニケーションを従業員がとり、サービスを提供する

そして、店長は従業員がお客様とより良いコミュニケーションを取りやすいように環境を整え、働く喜び、意欲を実感できるように努めること。

 

だと言えるでしょう。

 

箇条書きにすると

 

「お客様を第一」に考え

 

「従業員の教育と実践」を行い

 

満足を与え、満足を得る。

 

となります。

 

「お客様を第一」を常に出発点に思考することが、ブレることのない店づくりに役立つことが理解できると思います。

 

「従業員の教育と実践」には「マニュアル」が最適です

 

整理しましょう。

 

飲食店での接客の基礎とは?

 

「店長が」、「お客様」に満足して頂くために、「従業員」と協力してお客様と向き合い

サービス(気遣い)を提供すること。

 

箇条書きにすると

 

「お客様を第一」に考え、「従業員の教育と実践」を行い満足を与え、満足を得る。

 

とないります。

 

「従業員のの教育と実践」には「マニュアル」が最適です。

 

「マニュアル」は基本的な、作業手順を文章化したものです。

 

「マニュアル」を習得することで、従業員全員の作業を共有化することが可能になります。

 

言い換えるならば、意識の共有です。

 

従業員全員が、同じ目的のためにマニュアルに沿って行動するわけですから、お店は一つになってブレることなく意識を共有して、すべてのお客様に等しくサービスを提供できると言えます。

 

更に

 

実践のための解決策を考えてみましょう。

 

マニュアルを作ったけど、上手く機能しない場合があります。

 

理由は簡単です。理想ばかりのマニュアルは、現実にそぐわないということです。

 

現実に合わせてマニュアルを作るならば、まずはハードルを下げてすべて具体的に文章化すること。

そして実際に文章をもとにロールプレイングを行うことで文章には表現しきれない些細なことまで見て理解してもらうことが重要です。

 

マニュアルが上手く作れない店長さんは、本や読んだり、googleで検索すればいくらでも参考になる文章が見つかります。

それらを参考にして、「お客様第一」を基本軸に据えて、店のタイプ(和食、イタリアン、パン屋、テイクアウト)に合わせたマニュアルを作成しましょう。

まとめ

 

飲食店での接客の基礎とは?

 

「店長が」、「お客様」に満足して頂くために、「従業員」と協力してお客様と向き合い

サービス(気遣い)を提供すること。

 

箇条書きにすると

 

「お客様を第一」に考え、「従業員の教育と実践」を行い満足を与え、満足を得る。

 

となります。

 

「従業員のの教育と実践」には「マニュアル」が最適です。

ひとこと

 

飲食店での接客の基礎=従業員の教育と実践

 

そのツールは「マニュアル」であることは理解していただけたと思います。

 

しかし、多くの経験を積んだ店長が気づいていることは、従業員に対する愛情と言い換えることができます。

 

それは、親子の関係に似ています。

 

公園で遊びの輪の中に入れない子供を親が手を引いて、遊びの中心へ連れていき、

 

遠くから見守る。

 

順番を守ることや「ありがとう」、「ごめんね」の基本的なコミュニケーションしか教えないでだ。

初めから上手くいかないとわかっていてもすべて教えてしまっては

この子のためにならないと我慢する。

ケガもさせるし、ケンカもさせる。大けがをしないよう見守り、たまに助け舟を出す。

 

そうやって、子供も成長し親も成長する。

 

従業員と店長の関係も同じだ。初めから正解など解らないからお互い、ケンカしたり傷ついたりする。

 

大事なことは、そこに信頼関係(愛情)があるかである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました