低温真空調理でおもてなし 鶏むね肉のチーズパン粉焼き

鶏胸肉のチーズパン粉焼き 低温真空調理

鶏胸肉のチーズパン粉焼き

 

料理の前に

 

真空低温調理で作ったサラダチキンサラダのアレンジレシピの紹介です。

 

サラダチキンを素材をして考えると、アイデア次第で簡単にお料理ができてます。

 

今回は、サラダチキンをサラダの具材ではなく、主菜として温かいお料理に使ってみました。

 

 

 

調理時間

 

調理時間20分

 

費用目安

 

250円くらい

 

材料

 

サラダチキン 1枚
粒マスタード
チーズパン粉 40g

 

作り方

 

1.定温調理をサラダチキンの作り方。詳しレシピはこちらを参考にしてください。

鶏むね肉を美味しく食べるなら低温調理でサラダチキンサラダ

 

2.チキンの表面の粒マスタードを塗って、チーズパン粉を載せます。

「チーズパン粉」の詳しいレシピはこちらを参考にしてください。

簡単、美味しい!マッシュポテトのチーズパン粉焼き

 

3.250℃のオーブンで6~8分パン粉にきれいなきつね色を付けます。

盛り付けて完成。

 

まとめ

 

真空低温調理で作ったサラダチキンサラダのアレンジレシピの紹介でした。

私たちは、チキンカツ、豚かつなど、パン粉をつけて揚げた料理を日常的に美味しく頂いています。

しかしながら、揚げ物料理は多くの油が必要となります。使った後の保管が面倒ですよね。

今回取り上げた、「鶏胸肉のチーズパン粉焼き」は油で揚げなくても美味しくいただけるパン粉料理です。

サラダチキンは主菜としても美味しく、頂けることがお解り頂けると思います。

低温調理した「サラダチキン」と「チーズパン粉」は作り置きして置きしておけば、悩むこともなく1品完成。

 

今後も「真空低温調理のサラダチキン」は、アレンジレシピとして増やしていきた

いと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました